提供サービス

インタラクティブビデオ
リッチメディア制作


映像に、資料画像・字幕・インデックスなどを付加し、より分かりやすくインタラクティブなリッチメディアとして仕上げます。経験豊富なスタッフが映像制作からWebページ・アプリ組み込みまでワンストップで対応します。
[再生環境:Windows, MacOS, iOS, Android]

ストリーミングサーバー
ソフトウェア販売


ロンドン五輪、ツール・ド・フランスの映像配信などヨーロッパで実績豊富なUnified Streaming Platform (USP)を輸入販売しています。お手持ちのWEBサーバーに組み込んでストリーミングサーバを構築できるソフトウェアです。
[対応サーバー:Apache, Nginx, Microsoft IIS, Lighttpdなど]

ストリーミング配信
ホスティングサービス


USPを使ったストリーミング配信が可能なホスティングサービスを提供します。ビデオファイルの準備だけで手軽に配信できるエントリーから、プレイヤーの機能拡張やブランディングなどカスタマイズが可能なカスタムコースまで。
[再生環境:Windows, MacOS, iOS, Android]


モーションコントロール
プログラム開発


空間センサーを用いた各種アプリケーションの開発を行います。
- Microsoft Kinect for Windows®
- Intel Perceptual Computing®
- Leapmotion®
[Windows, Macintosh(Leapmotionのみ)]

AR(拡張現実)
プログラム開発


マーカー認識、マーカーを用いない画像認識によるAR (Augumented Reality) プログラム開発を各プラットフォーム向けに行います。営業用名刺ARアプリなどの実績があります。
[iPhone, iPad, Android]

スマートフォン
アプリ・ブック開発


スマートフォン、タブレット向けの、アプリケーション開発・インタラクティブブック開発を行います。
[iPhone, iPad, Android]

制作事例1

  • リッチメディア映像制作事例

    Nikon Digitutor

  • 【リッチメディア対応】分かりやすいビデオを活用して、オンラインマニュアルを構成しています。

  • 【多メディア対応】アニメーションなどビデオ以外のコンテンツも適切に組み込まれています。

  • 【他言語対応】英語などの各外国語の対応も可能です。

  • 【デザインパターン対応】数種類を準備することができます。

オンラインビデオマニュアル
「見て聴くマニュアル」(カメラ編)

映像と補足情報の同期再生
CMSで制御可能なコンポーネント式
多言語対応

映像を活用したオンラインマニュアルは、文字と図表によるマニュアルに比較して分かりやすく、マニュアルとしての目的以外に、最終顧客から見た場合には商品の広告・宣伝などにも大きな価値があります。

映像だけでは分かりにくい部分の補足や、多言語展開の為の字幕表示などについては、映像を編集すること無く、Web上で実装し、付加価値を付けていくことが可能です。

Nikon Digitutor : © 2013 Nikon Corporation / Nikon Imaging Japan Inc.


事例を見る:Nikon Digitutorサイトへ

制作事例2

  • リッチメディア映像制作事例

    国際会議収録配信 : 国際会議のアーカイブ

  • 【ビデオと資料の同期】
    ランダムアクセス可能なストリーミング動画と対応する資料がスムーズに同期

  • 【多メディア対応】
    プレゼンテーション動画、資料映像(静止画・動画)、同時通訳音声、インデックスボタン

  • 【レイアウト切り替え機能】
    プレゼンテーション動画と資料のレイアウト切り替えが可能

  • 【ナレーション言語切換】
    日本語・英語音声のダイナミック切り替えが可能

会議収録配信
(スポーツ科学会議編)

映像と補足情報の同期再生
多言語対応(ダイナミック音声切り替え)

本事例は、毎年、国立スポーツ科学センターで開催される「JISSスポーツ科学会議」のアーカイブインタラクティブ映像制作です。会議映像の進行にあわせて、パワーポイントなどの資料映像(静止画、動画対応)が自動的に切り替わります。会議は同時通訳が入ってバイリンガルで行われていますので、アーカイブインタラクティブ映像でも音声は日本語と英語をダイナミックに切り替えることができます。

会議で使用される資料は、静止画以外にも、DVDなどの映像もありますので、様々なメディアのアーカイブインタラクティブ映像に仕上がっています。

プログラミングだけでなく、会議の現場での映像の収録や、スライドの切り替えタイミングなどの記録なども行っています。


事例を見る:JISS主催会議等イベントサイトへ

その他の事例

Cables and Balls

【ECサイト】
Japan Traditional Arts

リッチメディアECサイトのショーケースです。高品位の拡大可能な写真、ビデオによる解説などを実装しています。

Visit site →
Fireprojects

【ECサイト】
ORCA Echoes

EC CUBEによるECサイトショーケース。アート作品販売サイト「シャチと海の仲間のアートショップ」。

Visit site →
Fireprojects

【映像講義システム】
沖縄現代史

実際のテレビ放送番組アーカイブを用いて、大学で授業を行うためのシステム。先生が、事前に番組ビデオを選択して授業で使用する部分を指定し、プレイリストを作成しておくことができます。

Fireprojects

その他の事例

今までの実績一覧

会社概要

会社名

株式会社オルカプロダクション / ORCA Production, Inc.

所在地    [地図]

郵便番号:100−0005
東京都千代田区丸の内2−2−1 岸本ビルヂング6階

資本金

1,050万円

設立日

1996年3月6日

取締役

代表取締役社長:北沢至 IEEE/ACM正会員
専務取締役制作部長:吉岡有紀 

取引銀行

三菱東京UFJ銀行 青山支店
横浜銀行 県庁支店

加盟団体

横浜商工会議所
日本電子出版協会

Contact

株式会社オルカプロダクション
ORCA Production, Inc.

〒100-0005 東京都千代田区丸の内2−2−1 岸本ビルヂング6階
Kishimoto Building 6F, 2-2-1 Marunouchi , Chiyoda-ku, Tokyo, 100-0005 Japan
Phone: + 81 (3) 6680-9784 Fax: + 81 (3) 5539-4419
Email: feedback@orca.co.jp Web: www.orca.co.jp